海外留学・海外インターンシップ

留学中、辛い・帰りたいと思った時の乗り切る方法【生活編】

投稿日:2020年8月19日 更新日:

異国の地で生活することは、楽しいこともたくさんある一方で、辛いこともいくつかあります。

留学生活での辛いことのあるあるについて、私の経験と照らし合わせて、対処法についてまとめました。

療での共同生活

各人の経済状況にもよりますが、留学先で、ルームシェアをしたり、数名で共同生活を送る人は結構、多いのではないでしょうか。

私も、1部屋で、私を含めた3人での共同生活を送りました。

≪参考:ヨーロッパの学生寮は、どこも👇こんな感じらしいです。》

お風呂:1フロアで居住している寮生100人で、3つのシャワールームを共有

トイレ:1フロアで居住している寮生100人で、4つのトイレを共有

キッチン:1フロアで居住している寮生100人で、3つのコンロを共有

 

さまざま国から来た学生が生活するので、寮内でのトラブルは日常茶飯事でした。

ルームメイトとのトラブルの例:

・私物を勝手に使われる。(卵、野菜など)

・騒音 夜中に、部屋の中でミキサーをまわす

・飲んで帰ってきて、部屋で嘔吐

・彼氏を連れ込んでいる 等々…きりがないです。

こればっかりはどうしようもなかったです。このような問題は、大なり小なり、どこの部屋でも起こっていました。

対処法:

  • 相手に嫌なことは嫌だと早めの段階ではっきり伝えましょう。

日本人の感覚で、我慢したり、遠慮したりすると、相手は私がOKだと思っていると認識します。言語的コミュニケーションがとても大事です。但し、言い方に十分に気を付ける必要があります。怒りに任せていうのではなく、理性を失わずにを心がけましょう。

 

  • 気持ちを切り替えて物理的な距離を取る

話し合っても、分かり合えない場合は、仕方ありません。諦めましょう。

図書館や学校、カフェなどで勉強するようにし、出来るだけ物理的距離をとるのも方法の1つです。

お金に余裕がある場合は、手続きなどを面倒くさがらずに自分でアパートを借りて、心が休まる場所を確保した方が断然いいです。

 

食事が合わない

食事が合わないのは、よくある悩みではないでしょうか。

私の場合、2年間のハンガリー生活で体重が5Kg落ちました。日本に帰国してからは順調すぎるくらいに戻って、1年で7Kg増えましたが…

悩み所

1.濃い味付け

その国々によって、味付けが異なりますが、ハンガリーの味付けは私にとって、塩辛く感じました。(ちなみに、ハンガリー人の死因の第1位は男女ともに虚血性心疾患です。もしかしたら、この濃い味つけが原因とも言われています。)

・スーパーで売っている魚介類の種類が少ない

また、海のない内陸の国ということもあって、お魚の種類が乏しいですし、かつ値段も高いです。お肉よりも高いです。

参考:サーモン500g:2000フォリント(720円)

ぶた肉500g:800フォリント(400円)

2.肉が固い

ハンガリーで売られている肉は、かなり固いです。一度、喉にかかって大変なことになりました。

どうやら、いいお肉は観光客用として出荷されているようです。(いいレストランで食べるお肉は柔らかくて美味しかったです。)

3.スーパーで売っているお惣菜が少ない

お惣菜がないわけではないのですが、ポテトフライ、揚げ物、味付けの濃いソーセージなどがメインです。

 

対処法:

  • 自炊する

少々、値段は上がりますが、チャイニーズマーケットに定期的に行って、食材をまとめ買いをして自炊するのがベストな方法だと思います。

  • 日本料理レストランに行く(但し、外食は日本の感覚とは異なり値段が高いですが…)

人種差別

日本に住んでいると、人種差別の経験はありませんが、やはりアジア人ということで、差別されることはありました。これはどこの国でもあるのではないでしょうか。

優しい方も多いですが、一部の心ない方はどこにでもいらっしゃいますよね。自分は何もしていないのに、なんでこんな目に遭わないといけないのかと、理不尽で本当に悔しいですが、その中で、どうしたらいいのかを考え、行きついた対処法が下記の通りです。

対処法:

私は、相手から馬鹿にされないように、お金はないけれど、洋服や見た目を大分意識しました。清潔感のある格好をするですとか、自信のある立ち振る舞いをするとかでしょうか。メイクや髪形を意識して、自分に自信をつけることが大事だと思います。ちなみに、私は、日本から持って行った洋服は全部捨てて、全て買い直しました。

まとめ

留学は、辛いこともありますが、そこから得られることも沢山あると思います。例えば、自分のストレスの溜めない方法を模索したり、見た目の大事さを意識することに繋がっていたり…

日本では出来ない経験を通して、自分を見つめ直す、いい機会になるのではないかと思います。長期的にみると、貴重な経験と捉えることもできるのではないかと思います。(その時はそんな余裕ないかもしれませんが…)

-海外留学・海外インターンシップ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

ハンガリー留学のメリット【6つ】

目次1 EU基準の卒業証明書がもらえる2 物価が安く、生活がしやすい3 日本人を対象とした奨学金が充実している4 治安がいい5 インターナショナルな環境で学べる6 近隣諸国に旅行に行きやすい ハンガリ …

留学中、辛い・帰りたいと思った時の乗り切る方法【学校編】

目次1 単位に直結する大事な情報を聞き逃す2 グループワークに入れない3 プレゼンテーションが出来ない4 授業について行けない 私は、英語力が十分でないままに、ハンガリーの大学院に留学しました。 留学 …

【海外留学】大学院入学に向けたモチベーションレターの書き方

目次1 分かりやく明確に記述することを意識する2 これまでの経験を踏まえての志望動機を文章の中で織り込んでいく3 自分の書いた英語を専門の業者に校閲してもらう4 <サンプル>参考までに…私の書いたモチ …

日本と海外の大学院の違い

目次1 日本の大学院の特徴2 ハンガリーの大学院の特徴 私は、日本の大学院とハンガリーの大学院の両方の課程を修了しました。 その経験から、日本と海外の大学院の違いがあるので、その違いについてまとめてい …

交換留学と正規留学のメリット・デメリット

目次1 【交換留学】2 【正規留学】 留学を決める時に、交換留学にしようか、正規留学にしようかなど、留学形態について、迷うと思います。 そこで、それぞれの留学形態のメリット・デメリットについてまとめて …

            大城真理子

    過去の経歴

    沖縄県立看護大学卒業→琉球大学大学院 (保健学修士)→看護師6年→沖縄県立看護大学大学院 (看護学博士) →Eötvös Loránd University (Master of Health Care Policy, Planning and Financing) →沖縄県立看護大学

    現在、ハンガリー政府 Tempus Public FoundationのAlumni Volunteer(ボランティア活動)もしています。

    Meet our alumni volunteers: Mariko Botar | ALUMNI (alumninetworkhungary.hu)

    ハンガリー留学に際して、お手伝いできることがあればボランティア活動の範囲内でサポートします。